JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

ご挨拶

2020年開催の東京オリンピックで初めて正式種目としてサーフィン競技が行われます。
JPSAは年間ランキングの上位選手を日本代表強化指定選手として選出しています。
国内ツアーを通し世界に通用するサーファーの育成を目標にしています。
サーフィンファンは世界の檜舞台で活躍するツアープレーヤーの出現を期待しています。
その期待に応えてこそ、プロスポーツは存続していくと考えます。

プロスポーツが活況を呈してこそ、そのスポーツが発展していきます。
日本のサーフィン界を活性化させるためにプロサーファー達は最高のライディングで
サーフィンの真髄を披露し、エキサイティングな戦いを繰り広げてギャラリーを魅了する事が
最も重要です。
そして、たくさんの子供たちが野球やサッカーと同じようにサーフィンを身近に感じ、
サーフィンという素晴らしいスポーツを知り、体験しいつの日かプロサーファーという夢と希
望で胸を膨らませる子供たちを育んでいきたいと思っております。

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟
理事長 細川 哲夫