さわかみ

さわかみチャレンジシリーズ第25回茨城サーフィンクラシックさわかみ杯 -Challenge II-

GARMIN

ご挨拶

昨年は世界的パンデミックが起こり、スポーツ界でも東京オリンピックの延期や、大会中止などを余儀なくされました。2021年度JPSAは、国内でのサーフィン競技をしっかりと継続しなければならない思いで「さわかみグループ」と契約を結び、ツアースケジュールを発表いたしました。日本のサーフィン界を活性化させるためにプロサーファー達には最高のライディングでサーフィンの真髄を披露し、エキサイティングな戦いを繰り広げて、ギャラリーを魅了すること、そして、日々の生活で自覚を持った行動を常に心掛けることを期待します。

プロサーフィン競技を通して企業や地域との信頼関係を深め、選手の競技環境、そして活躍の場を広げていき、社会に貢献する理念を抱きながらJPSAは世の中の状況に応じ進化し続けていきます。たくさんの子供たちが野球やサッカーと並ぶようにサーフィンを身近に感じ、プロサーフィンという素晴らしいスポーツを知り、いつの日かプロサーファーという夢と希望で胸を膨らませるようなツアーを目指していきます。

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟
理事長 細川 哲夫

組織概要

正式名称一般社団法人 日本プロサーフィン連盟
英文名称Japan Pro Surfing Association
略式名称JPSA
連盟設立1981年
公認プロショートボード  男子180名・女子80名
ロングボード   男子140名・女子45名
  
所在地〒108-0074  東京都港区高輪2-14-9 三愛ビル405
TEL03-5449-4145
FAX03-5449-4146
公式HPhttps://www.jpsa.com
お問合せこちらへ

役員構成

理事長細川 哲夫
副理事長小川 直久(選手兼任)
事務局長久米 寿朗
事務局川添 尚子(会計監査)
理事海埜 士   進藤 晃(選手兼任)  石塚 晃  鍋島木口里  田中 樹   
庵原 美穂(選手兼任)
監事福本 勝彦  高橋 啓一
特別委員浦山 哲也  吉岡 智文  鈴木 直人  池田 潤
松山 欣則  宮内 謙至  吉川 祐二  木下デヴィット
顧問坂本 清克  関野 聡   福田 義昭  戸田 貴美
名誉顧問阿部川芳夫  植田 義則  川井 幹雄  川南 正   添田 博道
田沼 進三  出川三千男  戸倉 康守  長沼 一仁  牛越 峰統
アドバイザー石原 直志  大竹 剛   大西 吾   川口 清勝  北口 智也
澤田 俊樹  吉田 裕和
顧問弁護士余頃 桂介
公認会計士山賀 松栄

理念

JPSAの使命は
日本のプロサーフィンを
統括する団体として
日本におけるサーフィンの
さらなる発展を促し

“サーファーズ・マインド” を
広めていくことにあります。

海の大きさを知り、自然を大切に。
自分の力量を知り、命を大切に。
ルールの必要性を知り、人を大切に。

サーフィンを通じて、より多くの人々に
その精神が広がることこそJPSAの理想です。

理念図

指針

JPSAは、以下の3つの方向において
“ベスト スリー ウェーブ” をキャッチすることを目指します。

1.Pro Surfing (発展)

より明確な規定に基づくプロツアーを開催していくことによって、さらなる日本人サーファーのレベル 向上と、日本におけるサーフィンの普及を図る。

2.Keep Surfing (環境)

きれいな海の環境がなければ楽しくサーフィンできない。 そんな思いの輪を広げて様々な環境問題につ いて考えるチャンスをつくる。

3.Kids Surfing (教育)

子どもたちをめぐる、いじめ等の諸問題を視野におき、サーフィンを通じた健全な心身の発達を図る。

指針図

宣言

“サーファーズ・マインド” および
“ベスト・スリー・ウェーブ”
<3つの精神と3つの指針>を推進すべく
ジャパンプロサーフィンツアーの刷新を図るとともに
“S.O.S.プロジェクト”
と、称した新しい活動をスタートします。

3つの指針

S.O.S. プロジェクト

1.S.O.S.ビーチクリーン&エコ・コミュニケーション展開

大会開催時において、従来より行っているビーチクリーン活動に加えて海と自然環境の保全を訴えかけ るコミュニケーション活動を展開します。

協力<地元関係各所>

2.S.O.S.キッズサーフィンスクール&ビーチアトラクション展開

大会開催時において、プロサーファーによる親子を対象としたサーフィンスクールを開催すると共に、 ビーチアトラクションを展開します。

協力<KIDS SAVER>

3.S.O.S.サポートメンバー展開

全国のサーファーやサーフショップ等の協力のもと、S.O.S.サポートメンバーを広く募集し、ネットワ ーク化します。

協力<Supporting SHOP & MEMBER>

4.S.O.S.制度の設立構想<Scholarship Of Surfing>

さらに将来的な夢として、ワールドクラスのトップサーファーの育成・強化を目的とした奨学金制度の 設立に向けた検討も開始します。