さわかみ

さわかみチャレンジシリーズALL JAPAN 田原プロ -Challenge III-

GARMIN

2021ロングボード第4戦クリオマンション茅ヶ崎ロングボードプロファイナルデーリポート

2021ロングボード第4戦クリオマンション茅ヶ崎ロングボードプロファイナルデーリポート

【Surfing for all がんばろう日本!】
JPSA2021 さわかみ Japan Pro Surfing Tour ロングボード第4戦 クリオマンション 茅ヶ崎ロングボードプロは、予備日となるが最終日も神奈川県茅ヶ崎海岸でFINALDAY。

うねりは弱く東よりのうねりで早朝は潮が多く、引きで割れる10時までウェイティングして開始。風は予想に反してオフショアだったが、ヒート開始ごろからサイドオンショアが吹き始めた。

ファーストヒートはメンズQFのヒート3。

川上聖斗、西口京佑、藤井辰緒と塚本将也の4名。 藤井が2本目にきっちりノーズライディングを入れて5.50を出し、3本目にも4.25でリードする。西口も4.10を出して2位へ。塚本と川上も追随。藤井はファイブからテンのノーズコンビネーションで4本目に6.00、5本目に7.50を出して独走。2位争いは4.60を出した塚本が1歩リード。西口が5本目にファイブで引っ張り4.60を出して2位となるが、塚本がさらに8本目に6.90を出して2位へ。そしてヒート終了し1位藤井、2位塚本となった。

藤井辰緒
塚本将也

ヒート4は、尾頭信弘、浜瀬海、梶原裕太と田沼亮の4名。 オープニングライドは地元田沼がレフトに乗りノーズを入れまずは4.00をマーク。浜瀬がセットを掴みレフト方向へ長いノーズライディングを入れロールインでフィニッシュし、9.75のエクセレントを叩き出しヒートをコントロールする。好調田沼は2本目に乗るが奥から梶原が乗っており、プライオリティーは梶原にあり痛いインターフェアを犯してしまう。尾頭は1本目に5.00を出して2位へ上がり有利な展開としバックアップも3.60で他の2名を抑え、結果1位浜瀬、2位尾頭で終了。

浜瀬海
尾頭信弘

続いてウィメンズのSFヒート2へ。

市川梨花、小林恵理子、小高恵子と布目純の4名。 小林が1本目に6.00を出してスタートダッシュ。市川もまずは1本乗り様子を見る感じ。次のセットが来たところで一斉に動きが出て、市川が2本目に5.50を出してトップへ出るが、小林が2本目に2.50を出してさらに3本目に4.15を出し1位へ上がるが、市川も3本目に4.75を出して再び1位へ。小高が後半立て続けに乗り追いかけるが逆転の波はなく1位市川、2位小林で終了。

市川梨花
小林恵理子

そしてメンズのSFへ。

ユージン・ティール、秋本祥坪、塚本将也と尾頭信弘。 オープニングは秋本と尾頭が乗りまずヒートを動かす。ユージンも1本目に5.25で有利に進めるが、秋本と尾頭が2本目に乗り1位、2位とヒートを引っ張る。中盤からは目まぐるしく順位が変わるが秋本は3、4本目と5.00、6.65を出して1位をキープ。ユージン、塚本、尾頭の2位争いが激しくなる。そしてヒート終了し、1位秋本、2位尾頭がファイナル進出となった。

秋本祥坪
尾頭信弘

ヒート2は藤井辰緒、浜瀬海、中山祐樹と堀井哲の4名。 浜瀬はこのヒートも1本目にレフト方向に乗り5.25を出し、中山も2本目に5.75でヒートを引っ張る。浜瀬は2本目、3本目に7点台を連発してトップをキープ。堀井も4本目に7.15をマークし2位へ。7点以上をいかに出すかがファイナルへのキーとなるがその後は変動なく1位浜瀬、2位堀井でファイナル進出となった。

浜瀬海
堀井哲

大会はウィメンズのファイナルへ。

ファイナリストは、吉川広夏、市川梨花、井上楓と小林恵理子。オープニングは井上が乗り続いて小林もライディング。吉川が1本目に乗り6.25とし、2本目も5.50でリードする。市川はじっくり波を待つ。吉川は3本目もノーズをしっかり引っ張り7.75で独走状態。小林が4.75を出して2位となるが井上が4.10と3.75で2位へ浮上。残り8分で小林がライト方向へ乗りノーズ、カットバックで5.65を出して2位へ。吉川は6本目に7.60を出して3位、4位をコンボに持ち込む。この後も変わらず終了のホーンが鳴り吉川の今季初優勝が決まった!小林は初の表彰台となり、吉川はじつに2019年の第4戦北泉プロ以来の1年ぶりの優勝となった!

吉川広夏
小林恵理
井上楓
市川梨花
喜びの吉川広夏

いよいよメンズのファイナルへ。

ファイナリストは秋本祥坪、浜瀬海、尾頭信弘と堀井哲の4名。

浜瀬は1本目に4.50、堀井も4.15で追いかける。秋本と尾頭はじっくりヒートを組み立てる。秋本も3.65で追いかけるが浜瀬は2本目に3.50でトップへ。そして堀井が2本目にライトに乗りノーズを引っ張りロールインで7.50を出しトップへ。ここで浜瀬にエンジンがかかり次々ライディングをし始める。秋本も4点台を2本揃え2位へ浮上。堀井はさらに4本目に6.75を出して差を広げる。浜瀬も6本目にセットを掴みレフトへノーズを引っ張り9.10で2位へ。浜瀬のニードは5.15。浜瀬は8本目にファイブ、テンとノーズのコンビネーションで5.75を出し逆転、さらに9本目に6.00を出して差を広げる!

終了の時間が迫る中、沖にセットが入る!このセットに乗れば逆転の可能性もあり堀井、秋本、尾頭が追いかける!しかし無情にもキャッチする前に終了のホーンが鳴り終了!

優勝は浜瀬となり、2位には堀井、3位秋本、4位ベテラン尾頭となった。 浜瀬は2019年と今大会連覇を成し遂げる。

浜瀬海
堀井哲
秋本祥坪
尾頭信弘
優勝のコールを聞いた浜瀬海

[結果]

メンズ

優勝:浜瀬海、2位:堀井哲、3位:秋本祥坪、4位:尾頭信弘

(左から) 明和地所株式会社代表取締役社長  原田  英明 氏、浜瀬海、堀井哲
(左から) 明和地所株式会社代表取締役社長  原田  英明 氏、秋本祥坪、尾頭信弘

ウィメンズ

優勝:吉川広夏、2位:小林恵理子、3位:井上楓、4位:市川梨花

(左から) 明和地所株式会社代表取締役社長  原田  英明 氏、吉川広夏、小林恵理子
(左から) 明和地所株式会社代表取締役社長  原田  英明 氏、井上楓、市川梨花
ご挨拶いただいた 明和地所株式会社代表取締役社長  原田  英明 氏
茅ヶ崎市議会議員 柾木 太郎様よりご挨拶
コンテストディレクター石塚晃による閉会の言葉