さわかみ

さわかみ チームチャレンジ 福島

NEXT

2021ロングボード最終戦DAY1リポート

2021ロングボード最終戦DAY1リポート

【Surfing for all がんばろう日本!】
JPSA2021 さわかみ Japan Pro Surfing Tour ロングボード第5戦 -CS3- さわかみチャレンジシリーズ ALL JAPAN 田原プロ -Challenge III-はDAY1。

うねりは東よりのうねりが強まりややサイズアップ。風は弱い北東風でコンディションは問題ない。

本日からロングボードもスタート。

オープニングはAバンクでロングボードメンズとなる。

メンズラウンド1ヒート1はグランドチャンピオンを狙う現在カレントリーダー堀井哲がクレジット。堀井は6.50と6.10をマークしトップ通過し、2位は上木達也となった。

堀井哲

ヒート2はかなりクロスヒートになったが、怪我で長期離脱し復帰戦となる増山翔太が4.50と5.10の2本でトップ通過し、2位には藤井辰緒が入った。

増山翔太

ヒート4はかなりクロスヒートとなるが、フィンを短めにして新たなセッティングにしてきた田沼亮が手堅く2本まとめ1位通過となり、2位は米本好希となった。

田沼亮

ヒート5は鈴木剛が5.33を出して大きくリード。2位には小林賢治が入った。

鈴木剛

ヒート8は秋本祥坪が1本目に5.33を出してヒートをコントロールし、5本目に7.33を出してダントツ。2位には安井淳が入った。

秋本祥坪

ヒート9は茅ヶ崎大会の優勝者浜瀬海がクレジット。4本目に浜瀬は7.17を出してトップになりバックアップも4.73で1位となり、2位は練習で板を折り急遽新しい板をシェイプしてもらい参戦した西口京佑が入った。

浜瀬海

ヒート12は中山祐樹が5.00と4.17を出すが、川上聖斗が8.33のエクセレントを出し、バックアップも8.00とダントツ1位でラウンドアップ。中山は2位となった。

中山祐樹

ヒート14は尾頭信弘が4.33と5.00でトップを守り、2位は杉本信裕となる。

尾頭信弘

ヒート16は塚本将也が1本目に6.00を出してリードすると、3本目に7.17をマークし独走。2位はクロスとなり河野慎太郎と西太輔が僅差で争い後半ポイントを揃えた河野が2位に入った。

塚本将也

ラウンド2ヒート1は増山翔太が4.17を出してリード。堀井哲が差をつけられないように追随する。増山は2本目に4.73を出す。堀井も4.17と4.27をマークし差を詰める。中盤米本好希が5.10と5.67をマークし2位へ上がると、増山も6本目に7.00を出して差を広げる。堀井も6本目に6.10を出して追いかける。米本も4本目に7.43をマークしトップへ。堀井がラストウェイブで5.60を出すが届かずヒート終了。1位米本、2位増山となった。グランドチャンピオンを狙う堀井がここでまさかの敗退。

米本好希
惜しくも敗退となった堀井哲

ヒート4は秋本祥坪が2本目に6.10を出して1位になりバックアップも5.63を出す。2位は佐藤樹生でヒートは進む。菊池里騎が3本目4本目に4点台を2本まとめ2位になりヒート終了。1位秋本、2位は菊池となった。

秋本祥坪

ヒート5は浜瀬海がクレジット。本数も乗ったがノーズライドも長くチューブも入り5.83と6.50で1位となり、2位は5.17と5.10を出した中山祐樹。

浜瀬海

ヒート6は櫻岡甲太が5.17と5.00を出して1位となり、西口京佑が5.13と5.03と僅差で2位となった。

西口京佑

ヒート8は塚本将也がトータル13.77でトップとなり、大場玲遥が12.33と2位に入りQFへ駒を進めた。

塚本将也
大場玲遥

ウィメンズのラウンド1ヒート1はグランドチャンピオンを狙い茅ヶ崎大会の優勝者吉川広夏がクレジット。良い時の御宿のようと楽しんでライディングできたと話すだけありトータル14.17で1位となり、2位は丹羽美樹が入った。

吉川広夏

ヒート4は、4点台を手堅く2本まとめた小高恵子が1位となり、2位は大橋寛子が入った。

小高恵子

ヒート5は今季好調の市川梨花が4点台を2本まとめ1位となり。2位には佐久間由佳となった。

市川梨花

ヒート8には海外遠征から戻った田岡なつみがクレジット。前半は野上悦子が続けてライディングし、田岡と戸田成美はじっくり波を待つ。ヒート半分で田岡が1本目に乗りノーズをきっちり決め7.50。戸田もセットを掴み3.80と2.50で2位へ。田岡の2本目は8.50とエクセレントを出し大きくリード。田岡はさらに3本目に8.90を出して2位以下をコンボに追い込みダントツ1位でラウンドアップ。2位は戸田成美。

田岡なつみ