さわかみ

さわかみ 千倉プロ

NEXT

2022プロトライアルショートボード・ロングボード第1戦DAY2リポート

2022プロトライアルショートボード・ロングボード第1戦DAY2リポート

Surfing for all がんばろう日本!】 JPSAジャパンプロサーフィンツアー2022 プロトライアルショートボード第1戦は、3月5日(土)より千葉県鴨川市東条海岸(マルキポイント)でDay2スタート。

天気は晴れ、波はインサイドの腰前後くらいで、スタート後は引きに向かうので波数は増えてくるだろう。風は強めに西北西が吹き海面のコンディションは問題ない。

今年はプロトライアルの方式が変わり1ヒート15分で上位2人が次のラウンドで勝ち上がり、トライアルラウンド4の各上位2名(計8名)が前半戦(新島大会まで)の出場権が得られることになる大事なトライアル。

そして、トライアルヒート中、1ウェイブで7点、もしくはベスト2スコアで11点以上を出した選手は公認プロ資格が与えられる。DAY1時点でメンズで2人のプロ公認資格獲得となっている。

まずはメンズのトライアルラウンドヒート2からスタート。

ヒート2で、山本來夢選手が1本目のライディングで7.00をマークし、プロ公認資格獲得となった。おめでとう。

ヒート2の山本來夢選手
プロ公認資格を獲得した山本來夢選手

そしてヒート3の小濃来波選手がトータル11.40を出して見事プロ公認資格を獲得した。おめでとう。

プロ公認資格を獲得した小濃来波選手

ヒート8では小川葉良選手がトータルで11.33をマークしてプロ公認資格を獲得。おめでとう。

ヒート8の小川葉良選手
プロ公認資格を獲得した小川葉良選手

続いて ヒート9では新井洋人選手が1本目に6.43を出して、ラストウェイブで5.40と2本まとめトータル11.83でプロ公認資格を獲得した。おめでとう。

ヒート9の新井洋人選手
プロ公認資格を獲得した新井洋人選手

潮が引き、風も予想より弱くしかもオフショアでブレイクコンディションは良くなってきた。

続いてメンズのプロトライアルラウンド3へ進む。

すでに昨日からラウンド2終了時点で、プロ公認資格獲得は6人。

この後何人続くのか?

ヒート1で鈴木一歩選手が深いボトムから3マニューバー入れ8.33をマークして1ライドでプロ公認資格を獲得した。おめでとう。

ヒート1の鈴木一歩選手
プロ公認資格を獲得した鈴木一歩選手

ヒート2では小濃来波選手と山本來夢選手のプロ公認資格獲得選手が揃ってラウンドアップ。

ヒート2の小濃来波選手
ヒート5の新井洋人選手

昼頃になり風がオンショアとなりコンディションが乱れライディングをつなげるのが難しいブレイクとなってきた。

メンズのトライアルラウンド3が終わり、ウィメンズのトライアルラウンド2へ。

ヒート1には松山黎音選手がクレジットされるが惜しくも敗退。高橋花音選手と庄司莉花選手がトータルで8点台に乗せラウンドアップ。

ヒート2では畑ハイネ選手が1ライドで7.33を出して、トータルでも13.10で今大会ウィメンズでは初となるプロ公認資格を獲得した。

ヒート2の畑ハイネ選手
プロ公認資格を獲得した畑ハイネ選手

続いてメンズのトライアルラウンド4へ。

ヒート1では既にプロ公認資格を獲得している鈴木一歩選手と小濃来波選手が揃ってラウンドアップした。

ヒート1の鈴木一歩選手

ヒート2では加藤賢三選手がワンライドで7.00を出してプロ公認資格を獲得した。賢三選手は加藤翔平プロの弟。

ヒート2の加藤賢三選手
プロ公認資格を獲得した加藤賢三選手

ヒート4を終了し各ヒート上位2名が確定。

ヒート1では鈴木一歩選手と小濃来波選手。

ヒート2では加藤賢三選手と大場玲遥選手。

ヒート3は新井洋人選手と渡邊壱孔選手。 そしてヒート4は原田空雅選手と石井乃亜選手。

続いてウィメンズのトライアルラウンド3へ。

ヒート2でワンライド7.50を出してトータル14.33をマークした庄司莉花選手がプロ公認資格を獲得した。

ヒート2の庄司莉花選手
プロ公認資格を獲得した庄司莉花選手

結果、各ヒート上位2名に入ったのは、

ヒート1で高橋花音選手と畑ハイネ選手。

ヒート2で庄司莉花選手と澤田七奈緒選手。

これでショートボードの全スケジュールを終了した。 その後、ロングボードへ移り、ウィメンズのトライアルララウンド1へ。

ラウンド1ヒート1の瀬下絵里子選手
トライアルラウンド1ヒート1の田村聡美
トライアルラウンド2ヒート2の市川恵里香選手

ロングボードウイメンズトライアルラウンド2が終了してDAY2のスケジュール完了。 明日はDAY3で最終日となる。