さわかみ

さわかみ 千倉プロ

NEXT

2022さわかみツアー ショートボード第1戦 さわかみ一宮プロDAY2

2022さわかみツアー ショートボード第1戦 さわかみ一宮プロDAY2

【Surfing for all がんばろう日本!】
JPSA2022 さわかみ Japan Pro Surfing Tour ショートボード第1戦 さわかみ 一宮プロが、千葉県長生郡一宮町 釣ケ崎海岸(志田下ポイント)でDAY2。 天気は小雨が降り、風は強めに北東風が吹き波数多く頭〜頭オーバーのコンディションでメンズラウンド3ヒート1からスタート。

ヒート1には昨年のグランドチャンピオン西慶司郎がクレジット。乗る波のチョイスに選手は苦しんでいて本数はそれほど皆乗れず1本のライディングの比重が重くなってくる。プロ公認取得したての石井天使が4点台と2本まとめ1位でラウンドアップし、注目の西は2位でアップした。

石井天使
西慶司郎

ヒート3は辻裕次郎と田中英義、小嶋海生に長谷川颯汰。今年からCIのインターとの契約となり気合の入る田中がどのようなライディングをするか期待がかかるが、辻も積極的にライディングをしてリードするが、長谷川が後半2本まとめ1位になり、辻が2位でラウンドアップし、田中は惜しくも敗退となった。

辻裕次郎

ヒート6は安室丈、稲葉玲王、田中透生と三浦涼の4名。ASIA OPENで優勝した稲葉がどう戦うか。安室が前半積極的に波に乗りリードし、稲葉が追う展開。三浦と田中もまずは1本乗り様子を見ている感じ。稲葉が後半に5.25を出してリードし、2位には中盤に2本まとめてきた田中がつける。安室と三浦もライディングをするがなかなかスコアが伸びないが、三浦は5本目に4.75を出して2位へ浮上。安室はラストライディングで5.60を出して1位へジャンプアップしてヒート終了。クロスヒートの結果2位は稲葉となった。

稲葉玲王
安室丈

ヒート7は田中大貴、大原洋人、宮城和真と児玉椋の4名。まず各選手の1本目は様子を見る感じで互角なスタート。大原は3本目に6.50を出してリードし、4本目にも7.25をマークし独走。残り5分で田中が4.25を出して4位から2位へ。大原はラストウェイブでも8.25を出して1位でラウンドアップし、2位は田中が入った。

大原洋人

ヒート10は岩見天獅、上山 キアヌ 久里朱、平原颯馬と藤田彪成。前半で岩見が5.65、平原が4.75を出してまず飛び出す。上山と藤田のポイントが伸びず中盤まで岩見と平原がリードし、そのままヒート終了。

平原颯馬

ヒート11は2019年のグランドチャンピオン河谷佐助、佐藤魁、太田拓杜と須田喬士郎の4名。各選手1本目を乗って須田がややリード。太田が2本目、3本目に4.40と3.20を出してトップに出ると河谷が2位で追いかける。佐藤は本数も2本のライドで4位のまま終盤へ。しかし須田と佐藤に逆転のライドは出ず、1位太田、2位河谷でヒート終了。

太田拓杜

ヒート12は脇田泰地、山中海輝、松本カイと大音凜太の4名。山中が1本目に6.00を出して前半をリードする。続いて松本、脇田、大音と続く。後半脇田が4.00を出して2位へ上が利、松本、大音も僅差で追いかけるが届かず、1位山中、2位脇田でヒート終了。

脇田泰地
山中海輝

続いてウィメンズラウンド3へ。

ヒート1は高橋みなと、伊藤ななみ、中塩佳那と野呂玲花。各選手が1本目に乗ったところで、1点台の選手の中野呂が5.15を出してリードする。中塩も2本目に4.00を出しトータルでトップへ。さらに中塩は3本目にエクセレントの8.25を出して大きくリード。2位は野呂がつけてそのままヒート終了。

中塩佳那
野呂玲花
ヒート2を1位通過の黒川日菜子

ヒート3はベテラン庵原美穂に松永莉奈、宮坂麻衣子と澤田七奈緒の4名。宮坂が1本目に5.00を出しまず1歩リード。庵原も4.00を出して追いかけるが2本目が出ず、宮坂はバックアップも3.25を出してトップ通過となり、2位は松永となった。

宮坂麻衣子
松永莉奈

メンズのラウンド4へ移行。

ヒート1は石井天使、金沢呂偉、加藤翔平の若手とグランドチャンピオン経験者辻裕次郎のヒート。各選手ライディングをするがポイントが伸びない前半で、加藤は1本目に4.652本目に4.15を出してリードする。金沢も3点台を2本まとめ2位につけて、辻も2本目に4.40を出して追いかけ5本目に3.85を出して2位へ上がる。金沢がラストウェイブで2マユーバー入れてヒート終了しポイントコール待ち。結果ニード4.45だが、4.15となり1位加藤、2位辻となった。

加藤翔平
辻裕次郎

ヒート2は長谷川颯汰、西優司、西慶司郎と鈴木仁。まず優司が1本目にのり4.25。続いて長谷川が乗り3.45。慶司郎は1本目で2.40で低空飛行だが、中盤に2本目に乗り5.10で2位へ。慶司郎は3本目に4.00を出してトップになり後半へ。2位に鈴木、3位優司で優司がライドし逆転2位へ上がりカウントダウン。そこで鈴木がラストライドしエアーを決めてヒート終了。コール待ち。鈴木のニードは4.05でポイントは3.65で届かず1位慶司郎、2位優司の兄弟でラウンドアップとなった。

西慶司郎
西優司

ヒート4は大原洋人、伊東李安琉、塚本勇太と稲葉玲王の4名。前半は皆ロースコアで互角だが、伊東がリードし、塚本が2位で進行する。中盤で大原が5.15を出し1位になり、稲葉が3本目、4本目と揃えてきて2位へ上がる。大原は3本目に5.25を出して差を広げると、伊東が5.70をマークして4位から2位へジャンプアップ。伊東と稲葉の2位争いは稲葉のラストウェイブにかかり、ニードは4.95で稲葉は3マニューバー入れるがポイントは4.90で逆転ならず1位大原、2位伊東となった。

大原洋人
伊東李安琉

続いてウィメンズのラウンド4へ。

ヒート1には昨年のグランドチャンピオン松岡亜音がクレジット。そして池田未来、中塩佳那と馬庭彩。前半は松岡が本数を乗りリードし、馬庭が2位で、池田が3位に。ヒート半分で松岡が際どいセクションにリップし4.50を出して1位にアップするが、中塩が1本目に6.00で有利な展開にし、2本目に5.35を出して1位になりそのままヒート終了で、1位中塩、2位松岡となった。

中塩佳那
松岡亜音

ヒート2は須田那月、野中美波、黒川日菜子と野呂玲花。オープニング早々に須田が乗り2.25でまずはポイントを出す。黒川が3.50を出してトップに出ると野呂が1本目に5.25を出してトップへ。中盤須田が2本目で2位になり、3位野中、4位黒川でヒートが進む。残り2分で黒川が2本目に乗り2位へ上がると、須田が3本目に4.10を出して再び2位へ上がりヒート終了。1位野呂、2位須田となった。

野呂玲花
須田那月

ヒート3は都築虹帆、脇田紗良、宮坂麻衣子と海老原夏生。ヒート半分で各選手2本ずつのライディングで1位は宮坂、2位都築、3位脇田となるがポイント差は僅かで1本のライディングで状況が変わる。宮坂が3本目にも4.10を出して差を広げる。脇田が3本目に3.50を出して2位へアップして残り1分。しかし、3位4位選手に逆転の波は来ずヒート終了。 1位宮坂、2位脇田となった。

脇田紗良
ヒート4を1位通過の川瀬心那

明日は6時30分選手集合でDAY3スタート予定