さわかみ

ムラサキ鴨川プロ supported by 秀吉内装

NEXT

2022ショートボード第2戦 新島プロ DAY1リポート

2022ショートボード第2戦 新島プロ DAY1リポート

【Surfing for all がんばろう日本!】
JPSA2022 さわかみ Japan Pro Surfing Tour ショートボード第2戦

新島プロは淡井浦海岸でスタート。

天気は曇り、風はやや強いオンショアで波のサイズはカタ〜アタマくらいまでサイズアップしている。

オープニングヒートは、ウィメンズのラウンド1ヒート1から。

ヒート1は中塩佳那、松野杏莉と野呂玲花の3名。 1本目は中塩が乗り7.00、松野の1本目は4.00、野呂の1本目が1.10となり全員1本目に乗った時点で中塩が有利な展開に。中塩はじっくり波を選び2本目に5.50、3本目に6.40と着実にバックアップを伸ばし1位を走り、野呂も2本目3本目と3点台を揃え2位へ上がる。松野は2本目に1.30を出すが3本目をキャッチでできずヒート終了。1位中塩、2位野呂となった。

中塩佳那 Photo:R.Uchiyama
野呂玲花 Photo:R.Uchiyama

ヒート2は岡田小夢希、丸山千朝、畑ハイネとアマシードの澤田七奈緒の4名。 丸山は帰国して久しぶりのJPSA参戦。各選手ポイントメイクに苦戦しているが、丸山が本数に乗りヒートを引っ張るが、残り8分で澤田が3.25を出して1位へ上がる。すると丸山もすぐに4.00を出して逆転。そしてそのままヒート終了となり1位丸山、2位澤田となった。

丸山千朝 Photo:R.Uchiyama
澤田七奈緒 Photo:R.Uchiyama

続いてメンズのラウンド1へ。

ヒート1は村田嵐、中川雅崇と三輪紘也の3名。 村田が1本目に6.50、2本目に5.00を出してヒートをリードし、三輪が2本目に5.50を出して追いかける。中川はなかなかポイントが伸びず苦戦。三輪がジワジワと村田との差を詰めるが届かず1位村田、2位中川となった。

村田 嵐 Photo:R.Uchiyama
三輪紘也 Photo:R.Uchiyama

ヒート3は齋藤昇吾、竹内克斗、多谷俊亮と矢作紋乃丞の4名。

矢作が1本目に5.00を出してヒートを引っ張る形でスタートし、竹内が本数に乗り1位へ出る。矢作は2本目に4.50を出してバックアップを揃える。2位争いはかなり僅差となるが多谷が一歩抜け出し2位へ上がりヒート終了。1位矢作、2位多谷となった。

矢作紋乃丞 Photo:R.Uchiyama
多谷俊亮 Photo:R.Uchiyama

ヒート5は関口真央、小嶋海生、大野修聖と岡野 漣の4名ヒート。

オープニングライドは岡野で続いて大野、関口が続く。小嶋が乗り全員1本目に乗った時点で関口がトップに。小嶋が3本目に5.40を出してトップになり2位は関口、3位岡野、4位大野となる。大野の2本目が5.10となり差を詰める、続けて3本目に乗り5.35をマークして1位へ上がりそのままヒート終了。1位大野、2位小嶋。

大野修聖 Photo:R.Uchiyama
小嶋海生 Photo:R.Uchiyama

ヒート8は松原渚生、和氣匠太朗と軽部太氣。

オープニングは松原が乗り5.25でヒートの流れを作り2本目も4.60でトップへ。軽部の1本目が3.65で、和氣はじっくり波を選んで5分経過。和氣の1本目は3.20で追いかける。ニード3.10で和氣が残り時間僅かでチューブを抜け3.60をマークして2位へ上がりヒート終了。

松原渚生 Photo:R.Uchiyama
和氣匠太朗 Photo:R.Uchiyama

ヒート11は小笠原由織、古川海夕、荒木陸叶と飯田航太の4名。

小笠原がヒート開始早々ライドして5.00をマークして好スタート。さらに小笠原は2本目に4.50を出して差を広げる。荒木が1本目に4.20を出し、古川も1本目に3.50で追いかける。飯田は1本目に0.85で2本目に6.50をマーク。古川が4本目に7.25をマークしてトップに出る。飯田が4本目に6.00を出して逆転1位へ上がり、2位は古川となった。

飯田航太 Photo:R.Uchiyama
古川海夕 Photo:R.Uchiyama

そしてメンズラウンド2へ。

ヒート1は西慶司郎、宮城和真、村田嵐と三浦涼。 村田と宮城がまず1本目をライドし、西が続いて乗り5.50を出しややリード。村田が3点台を連続で出すがイマイチポイントが伸びず苦戦。西は4本目に4.75を出して差を広げる。2位争いは僅差となり後半ポイントを揃えた宮城が2位へ入りヒート終了。

西 慶司郎 Photo:R.Uchiyama
宮城和真 Photo:R.Uchiyama

ヒート2は金沢呂偉、加藤嵐、野呂海利と三輪紘也。

グラチャン経験者の加藤は積極的にライディングをするが3点台とあまり伸びないが序盤トップへ。金沢は1本目に4.10を出し、野呂も4本目に4.50を出しているのでトップへのニードは僅かなので1本を決めたいところ。その野呂は5本目に4.05を出してトップへ上がる。2位は加藤。3位三輪のニードは3.56、4位金沢のニードは3.20。加藤は6本目に6.50を出してトップに上がる。金沢は5本目に8.00のエクセレントを出して1位へジャンプアップ。そしてヒート終了。1位金沢、2位加藤となった。

金沢呂偉 Photo:R.Uchiyama
加藤 嵐 Photo:R.Uchiyama

ヒート3では伊東李安琉、山中海輝、矢作紋乃丞と岡村晃友の4名。

伊東は3本目に7.00をマークしてトップに立つと6本目には8.50のエクセレントをマークして断トツ1位に。2位争いは着実にポイントを伸ばしてきている山中がつけ、3位には岡村が入り逆転を狙う。結果1位は伊東で変わりなく、2位には岡村を接戦で抑えた山中が入った。

伊東李安琉 Photo:R.Uchiyama
山中海輝 Photo:R.Uchiyama

ヒート5は鈴木仁、加藤翔平、大野修聖と堀越力の4名。

オープニングは鈴木が乗り4.00を出すとしばらく波が続き各選手次々ライディングする。大野の1本目は4.35で全員の1本目のポイントがでた時点でトップに出ると2本目も大野は5.00を出してポイントを伸ばす。鈴木も2本目に4.25を出して2位へつける。大野は4本目にも6.00を出して差を広げる。2位の鈴木も4本目にキレのある2マニューバーを入れて5.10を出して大野を追いかける。加藤と堀越は波とマッチングせずポイントが伸びない。大野は8本目にダメ押しの6.75をマークして1位となり2位は加藤が6.25を出して逆転すると、ラストウェイブで鈴木が5.30を出して逆転しヒート終了。

大野修聖 Photo:R.Uchiyama
鈴木 仁 Photo:R.Uchiyama

ヒート7は仲村拓久未、新井洋人、高橋健人と和氣匠太朗の4名。

高橋がフロントサイドへ3マニューバー入れ5.50、新井はバックサイドへ2マニューバーで4.25、仲村もフロントサイドへ3マニューバー入れ4.70とまずまずのスタート。新井は中盤までバックサイドに絞りライドし4本目に4.20で1位、2位には高橋。仲村が3本目に5.00でトップへ出て4本目に5.20で差を広げる。終了間際和氣が怒涛の追い上げをして5.45と6.00で一気にトップへ上がりヒート終了。2位は仲村となった。

和氣匠太朗 Photo:R.Uchiyama
仲村拓久未 Photo:R.Uchiyama

ヒート11は佐藤魁、田中英義、飯田航太と小川幸雄の4名。

田中はスロースターターのイメージがあるが1本目に4.00、小川も3.50でベテラン2人がまずまずのスタート。2019年の覇者佐藤と飯田は1点台や2点台とポイントは伸びない。インサイドよりのブレイクなので各選手上陸気味にかなりギリギリまで攻める。飯田が3本目に6.50を出してヒート半分経過。飯田が3.75とバックアップを伸ばし残り5分でトップに。田中が5本目に4.70を出して2位へ上がり残り3分。このまま波が来ない状況でヒート終了。1位飯田、2位は田中となった。

飯田航太 Photo:R.Uchiyama
田中英義 Photo:R.Uchiyama

ヒート12は安室丈、田中透生、牧野大智と古川海夕。

安室が1本目に5.50を出してやや有利にヒートスタート。牧野も4.00で追いかけ、古川はポイントを揃えて1位で5分経過。田中が2本目に4.75を出して古川を追いかける。安室が3本目に4.90を出してバックアップを伸ばし1位へ上がると、田中も3本目に4.20を出して2位に。しかし、後半古川が4.65と4.50を2本まとめ2位に上がりヒート終了。1位安室、2位古川で終了。

安室 丈 Photo:R.Uchiyama
古川海夕 Photo:R.Uchiyama