さわかみ

ムラサキ鴨川プロ supported by 秀吉内装

NEXT

2022ロングボード第3戦クリオマンション茅ヶ崎プロの優勝は浜瀬海と井上桜!

2022ロングボード第3戦クリオマンション茅ヶ崎プロの優勝は浜瀬海と井上桜!

【Surfing for all がんばろう日本!】
JPSA2022 さわかみ Japan Pro Surfing Tour ロングボード第3戦

クリオマンション茅ヶ崎ロングボードプロは、神奈川県茅ヶ崎市 茅ヶ崎パーク(ヘッドランドビーチ)でFINAL DAY。

天気は晴れ、風は北東風で波は台風からのウネリが届きモモ〜コシ・ハラくらいのサイズで9時30分開始。

オープニングはメンズのラウンド5から。

ヒート1は浜瀬海、米本好希、小熊海ノ介と畑雄二。

小熊が1本目に乗り3.50となるが、浜瀬が1本目に5.83でリード。小熊が2本目に6.00を出すと浜瀬が3本目に7.00でトップに。小熊は5本目に6.40でトップを伸ばし2位へ。浜瀬が6本目にバックアップを伸ばしヒート終了。1位浜瀬、2位小熊となった。

浜瀬海 Photo:R.Uchiyama
小熊海ノ介 Photo:R.Uchiyama

ヒート2は秋本祥坪、堀井哲、ジュリアン・ホプキンズと中山祐樹。

各選手1本目に乗った時点で、中山が5.07でやや有利にスタートし、ジュリアンが4.67で2位に。堀井が2本目に6.17を出してトータルで1位に上がる。中山が3本目に4.20を出して2位をキープ。秋本のニードは4.35。堀井は4本目に6.00を出して差を広げる。秋本が3本目に5.57を出して2位へ上がると、中山が5本目に乗り6.70で再び2位へ。秋本のニードは6.21。堀井がさらにトップを7.50と伸ばしヒート終了。1位堀井、2位中山となった。

堀井哲 Photo:R.Uchiyama
中山祐樹 Photo:R.Uchiyama

ヒート3は武川慎、柳本聖真、井上鷹と増山翔太。

オープニングは武川が乗り3.83、続いて増山が乗り4.57とする。今大会台風の目となっている柳本が2本目に4.67、3本目に5.93とポイントを出しトップに。2位には増山が2本目に5.10を出して2位へ。井上は3位でニードは3.87で3本目に6.30で1位に上がる。武川が3本目に8.00のエクセレントを出して4本目に4.43を出して1位へジャンプアップ。その後大きな動きはなく1位武川、2位井上で終了。

武川慎 Photo:R.Uchiyama
井上鷹 Photo:R.Uchiyama

続いてウィメンズのセミファイナルへ。

ヒート1は吉川広夏、小林恵理子と井上楓。

吉川が1本目に4.67、井上が5.50、小林が3.17で井上がやや有利なスタート。吉川が2本目にファイブ、テンと決め7.50でトップに。小林が3本目に4.00を出して2位へ上がるが、井上が2本目に乗り6.67で2位へ上がる。吉川は7本目に6.43を出してバックアップを伸ばし、ラストウェイブで8.17でトップを伸ばし、井上も5.70とバックアップを更新してヒート終了。1位吉川、2位井上となりファイナル進出を決めた。

吉川広夏 Photo:R.Uchiyama
井上楓 Photo:R.Uchiyama

ヒート2は菅谷裕美、田岡なつみと井上桜。

オープニングは井上と菅谷が乗り、090と4.00で菅谷がマズマズのスタートとなるが、田岡が1本目に6.00でトップへ出る。菅谷が2本目に乗り4.67を出してトータルで1位に出る。井上の2本目はフロントサイドへスピードあるライディングで6.33を出し2位へ。田岡は2本目にエクセレントの8.33をマークしてトップへ上がり3本目に7.50を出してバックアップを伸ばす。井上は4本目に8.40のエクセレントを出し田岡に迫るが逆転はならず1位田岡、2位井上がファイナル進出。

田岡なつみ Photo:R.Uchiyama
井上桜 Photo:R.Uchiyama

メンズのセミファイナルへ。

ヒート1は浜瀬海、中山祐樹と井上鷹。

井上が1本目に6.50を出してややリードするが、中山が5.70と5.00でトップに出る。しかし、井上が2本目に6.53を出してトップへ出ると、浜瀬は3本目に7.07、4本目にエクセレント8.50と逆転1位になりそのままヒート終了。1位浜瀬、2位井上がファイナル進出となった。

浜瀬海 Photo:R.Uchiyama
井上鷹 Photo:R.Uchiyama

ヒート2は堀井哲、武川慎と小熊海ノ介。

堀井が1本目に7.17を出してまずはリードする。小熊の1本目は5.27、武川が1.33となる。武川は3本目に4.90を出してトータルでトップに出ると、堀井が2本目に7.00を出して1位に上がる。小熊の2本目は4.03で2位へ上がる。武川のニードは4.41で4本目に6.33を出して2位へ上がる。堀井が6本目にフロントサイドでロングライドしエクセレント8.90を出して差を広げヒート終了。1位堀井、2位武川。

堀井哲 Photo:R.Uchiyama
武川慎 Photo:R.Uchiyama

ウィメンズファイナルへ

ファイナリストは吉川広夏、田岡なつみ、井上楓と井上桜。

オープニングは田岡が乗り6.00で有利にヒートを進める。他の3人は1点台で互角な状況。吉川の2本目は4.50でマズマズ。田岡は2本目に5.50を出して1位になる。吉川のニードは7.00。吉川は4本目に6.07を出してニードを5.43に詰める。田岡は5本目に6.17を出して差を広げるが、井上桜も6.77を出して追いかけ6本目に6.83 を出してトップに出る!吉川、田岡もラストスパートをかけるが届かず井上桜の初優勝が決まった!

井上桜 Photo:R.Uchiyama
吉川広夏 Photo:R.Uchiyama
田岡なつみ Photo:R.Uchiyama
井上楓 Photo:R.Uchiyama
優勝を決め、兄:鷹、姉:楓に担がれる井上桜

いよいよラストヒート、メンズのファイナルへ。

ファイナリストは浜瀬海、堀井哲、井上鷹と武川慎。

オープニングヒートは浜瀬が乗りエクセレント9.00をいきなり出す。武川と堀井もライドするがポイントは伸びず、浜瀬は2本目に5.33を出してバックアップを作る。井上が1本目に7.00を出して追撃開始。武川も3本目に6.23を出して2位へ上がると、浜瀬は4本目に7.43を出してバックアップを作り2位以下をコンボにする。井上は3本目に5.93で2位へアップ。井上が4本目に7.23を出し差を詰め、さらにラストウェイブでエクセレントの8.33を出すが届かず浜瀬の優勝が決まった。これで浜瀬は開幕から3連勝でグランドチャンピオンも決めた!

浜瀬海 Photo:R.Uchiyama
井上鷹 Photo:R.Uchiyama
堀井哲 Photo:R.Uchiyama
武川慎 Photo:R.Uchiyama
優勝してグランドチャンピオンも決めた浜瀬海

表彰式

明和地所株式会社代表取締役社長  原田  英明 様よりご挨拶
茅ヶ崎市市長 佐藤光様よりご挨拶

優勝:メンズ 浜瀬海、ウィメンズ 井上桜

左から原田社長、柾木市議、井上桜、浜瀬海、佐藤市長

2位:メンズ 井上鷹、ウィメンズ 吉川広夏

左から 原田社長、吉川広夏、井上鷹

3位:メンズ 堀井哲、ウィメンズ田岡なつみ

左から 原田社長、田岡なつみ、堀井哲

4位:メンズ 武川慎、ウィメンズ 井上楓

左から 原田社長、井上楓、武川慎
茅ヶ崎市議会議員 柾木太郎様よりご挨拶
コンテストディレクター石塚晃より閉会の挨拶
優勝の浜瀬海と井上桜